スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPMT in Osaka 『チベット式死者の見送り方と、基本瞑想』

ペンバ師02

この度、ラマ・ゾパ・リンポチェ率いる大乗仏教保存財団(Foundation for the Preservation of the Mahayana Tradition 略して、FPMT)の香港のセンターの駐在ラマを長年務められておられるテンジン・ペンバ師の来日が決定しました。
日程は11月18日から28日ですが、そのうちの11月23日の勤労感謝の日に大阪にて、FPMTの冥福BOXを題材として、チベット式の死者の見送り方と、チベット式の基本的な瞑想指導をしていただけることとなりました。

どんな人でもいつかは死ぬ時がきます。
そして、必ず来るその『死』について、今回は身近な人がもし亡くなった時に、残された者にできることはないのかということを、学びたいと思います。
また、関西地方ではあまりチベット仏教のイベントはございませんので、チベット式の基本的な瞑想の仕方も学びたいと思います。

皆様の参加を、心よりお待ち申し上げます。


冥福BOX: The Liberation Box: Tools for a Fortunate Rebirth.
ラマ・ゾパ・リンポチェのアドバイスに基づいて、死者のよりよい再生を約束するさまざまなツール。内容は:痛みを取り除く祈り、臨終に聞かせる祈りのCD;さまざまな真言;臨終カード;カダムパ仏塔;死者の頭に置くポワの丸薬と加持紐; 印刷した真言;遺体に置く経典; そしてFPMT書籍、Heart Practices for Death and Dying;です。
「全てのセンターで、いざという時のためこのBoxを準備しておくように。突然の死に見舞われても、うろたえず、するべきことが明確になるよう、準備をしておきましょう。」とゾパ・リンポチェからのアドバイスです。
http://shop.fpmt.org/Liberation-Box-Protection-Tool-for-a-Fortunate-Rebirth_p_872.html


日程:2011年11月23日 (10:30~12:30 14:30~16:30予定)
場所:阿倍野区民センター
   (大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118)
最寄駅:地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分
定員:約20人(残り5名となりました)
参加資格:どなたでも参加できます(要予約)
言語:英語→日本語
布施:自由布施
申し込み、お問い合わせ:kansai.tibetdharma@gmail.com

追記:この教室には冥福BOXはなくとも参加できます。あくまでも冥福BOXは題材です。
   また、冥福BOXが欲しい方はFPMTのFoundation Storeにて購入できます。
   (http://www.fpmt.org/)
   諸事情により参加できなくなった場合は、速やかにご連絡ください。
   キャンセル料は一切、必要ありません。

冥福BOX
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。